発音の省略と末子韻(m,n,g)など

(1)発音の省略

外国人を悩ますのはタイ語で"R"(ร)や"L"(ล)の発音が一般会話で省略されることが多いことです。有名なのは男性がしゃべる敬称”クラップ”(ครับ) でしょう。”カップ”(คับ)としか聞こえません。中には”プ”も聞こえない人もいます。だから女性の発音と同じなんですが良く見ると最後に口は結んでますから女性の”カッ”(คะ) とは違います。

魚はプラーですがパーと発音しているように聞こえます。全ての中間にある”R"や”L"が省略されるかと言うと”タラート(市場)”(ตลาด) などは省略され”タート”と言われることは無いようです。

この”R"や”L"が省かれるのはタイ人の英語の発音にも影響を与えています。前の「ちょっと一言」でも述べましたが”From”を”Form"と発音するタイ人が多いのもうなづけるでしょう。

また早くしゃべると聞き取れませんから省略されたと同じに聞こえます。例えば「これは誰のもの?」は「コング.クライ」(ของไคร) ですが「コング.カイ」にしか聞こえません。また「World Trade (Center)」と言うデパートが伊勢丹の横にありますが一般タイ人の発音は「ワード.テック(ト)」と聞こえます。
ちなみにニュースなどでは当たり前ですが「World Trade Center」(เวิลด์เทรดเซนเตอร์)とハッキリ言っています。


(2)末子韻(m,n,g)

これらの末子韻を日本人は余り区別して発音しません。「こわ」の最初の「ん」と最後の「ん」は同じ「ん」でしょうか?ほとんどの日本人同じだと答えるでしょう。しかし自分で言って見て下さい。最初の「ん」は口を閉じていますが次の「ん」は口を閉じていないでしょう。このように日本人は「m,n,g」(ม ;น ;ง) の使い方が不明確になりがちです。

私も最初末子韻「m,n,g」を意識して発音していませんでした。会話から察して分かるだろうと考えていたからですが「君の発音は末子韻の発音が間違いだから分らない。」と指摘されました。それから意識するようになりましたが未だ聞き分け難しいです。 タイ語は末子韻を曖昧に発音すると分らなくなる言葉なんですね。


(3)外来語

タイ語にも外来語が一般会話や文章に出来ています。エイズなどもそうです。このような新語は名詞なら分ることもありますが動詞になると文で読んでも難しくなります。発音も英語と違っていますからチンプンカンプンですし、辞書にも載っていません。

例えばチュア((ชัวร์) ,ケー(แคร์) , サプライ (เซอไพรซ) です。中には英語発音をする人もいて分ることもありますがサプライはニュース討論ときアナウンサーに向かって解説者がマイ サプライと言っているのを聞き、タイ語辞書を引きまくったことがあります。もちろん新しい言葉ですから見つかりません。

「ケー」は「Care」、「チュア」は「sure」また「サプライ」は「Surprise」がタイ語になったものです。「サプライ」については」又は「ザプライ」と英語に近い発音をする人もいますがこれがタイ語化した英語だと知っていないと分りません。ニュース.アナウンサーの"マイ サプライ"は「そんなこと驚かないよ。」と言っていたのですね。
日本語もそのままタイ語になったものがあります。「サバ(鯖)」(ซาบะ)や「ヤキソバ」(ยาคิโซบะ)などはそのまま通じます。



ちょっと一言

外国人にとって5声をしゃべることや聞き分けることは非常に難しいのですがタイ人の中にも正しい発音が出来ない子供が結構いるようです。

2年ほど前のニュースですが正しい発音が出来ない子供たちのための教室が毎土曜、タイ文化センターで開かれていました。大学生などがボランティアで参加して教えていましたが結構な人数きていました。

近頃ではラーマティッポディ病院などに子供に発音のトレーニングをする専門家がいると言うことです。大人も受け付けると言ってましたから試したい人は訪ねてみては如何でしょうか。

子供たちのはっきりしない発音はタイの社会問題の1つのようです。例えば「サバーイ」(สบาย) を「シャバーイ」と発音するそうですよ。この発音はタイ人に取って幼稚なんですかね?意味不明なんですかね?

前へ |次へ