発音(鼻音と無気/摩擦音)

タイ語には鼻音の発音があります。「グゥ(蛇)」(งู) などの発音です。タイ語を始めたばかりの人はタイ人の発音を聞き「ガギグゲゴ」と同じまたは近いと思っている方が多いでしょう。実際日本人にはそのように聞こえます。

無気音の「ガ」と鼻音の「ガ」

タイ語で「鶏の卵」は「カイカイ(ไข่ไก่) と言います。最初の「カイ(ไข่) は卵で有気音/低声、続く「カイ(ไก่) は鶏の意味で無気音/低声の発音です。
しかし後ろの「カイ」(ไก่) が「ガイ」と聞こえる人もいます。そして日本人の中にはわざと「ガイ」と発音する日本人もいます。それは日本語のガギグゲゴが無気音で、タイ語の「カイ」(ไก่) に非常に近い発音だからです。実際タイ語の「ハンバーガー」の「ガー」当て字は(ก)が使われていますから鶏は「ガイ」でも良い気がします。

では日本人は鼻音の「ガギグゲゴ」を発音していないのでしょうか?実は2種類の「ガギグゲゴ」を使っているのです。 しかし前回の「パン」と同じく発音は違っていても日本人はそれを意識していませんから知りません。

例えば「学問」(クモン)の”が”と音楽(オンク)の”が”は同じ発音をしていると思ってますが違っています。 「学問」の「が」はガギグゲゴの”が”(無気/摩擦音)ですが「音楽」の「が」は鼻音と呼ばれている”が”の発音です。この鼻音がタイ語「 」です。(但し地方によって鼻音は発音しないところもあるようです。)

鼻音の練習は以下の通りにやります。まず大きく口を開けてください。舌は下の歯の裏にくっついてるか近くにあるはずです。そこで「アー」と声を出します。そして、口の形も舌の位置も同じにして息を鼻の方へ変えるのです。

お金を「グン」とそのまま(?)発音する人はいますがこれはタイ語で書くと(กุน) です。 お金「グン(เงิน) は鼻音で発音しなければ通じません。(実際はガンに近い)

鼻音「」 のガギグゲゴの発音が何となく出来そうになってきたと思います。しかし難しいのは聞き分けることです。特に末子韻にが来たとき「m(ม) 」や「n(น) 」との区別が日本人には大変です。それは次回にしましょう。





ちょっと1息(停車と発車)

近頃バスで切符を買うと「コープ.プン.カッ」(ขอบคุณคะ)と言ってくれる車掌さんもいます。去年運賃を上げるときサービス向上すると約束したためでしょうか。
ところで車掌さんが停車とき、発車のときタイ語で何と言っているか気にしたことがありますか?

「発車」は”パイ(ไป ) 、「停車」は”パーイ(ป้าย) です。タイ語で書くと明らかに違ってます。しかし聞くと区別が難しい。「停車」は長母音だから識別できるかと言うとそうでもありません。「発車」で”パーーイ”と伸ばすこともありまし「停車」で”パイ”と言うこともしばしばです。

車掌の半分以上が同じに発音しているように私には聞こえます。今度タイでバスに乗ったら注意して聞いてみてください。

前へ |次へ