タイ語を読む

いよいよ本番ですね。ここで読む本は「マーミアオと友達 」です。レベルはポー.ホックレベル。これが辞書なしでスラスラ読めたら大したものです。AUAでこの本を習い始めたころ1,2ページの予習に1時間半〜2時間かけたものです。しかし授業はタイ語でしたから付いていくのが辛かった。だからタイ語を始めて1,2年の人には難しいかもしれないですね。ポー.ホックを持っている人でも1章15分で読める人は少ないでしょう。

この本の作者はスマリ女史です。子供向け本の作家でタイでは有名らしいです。世界のベストセラー「ハリー ポッタ」のタイ語訳は彼女がやっています。「マーミアオと友達 」は20年ぐらい前に出版されましたから今のタイ社会とは少しズレを感じますが楽しく読めると思います。また中で使われる単語や文章は会話にも役立つでしょう。この本はタイの大きな本屋には必ずあります。もちろん伊勢丹の紀伊国屋書店にも売ってます。しかし再販部数が3000冊でしたので無くなっているかも?

辞書は「タイ語常用6000語」(大学書林)で充分です。何万円のタイ日辞書で探しても載ってない単語もありますが気にしないでください。単語は文を読みとっていけば想像はつくものですし、むしろ「タイ語常用6000語」に載っている基本的な単語をしっかり覚えましょう。

五声の発音が出来る方は声に出して読んだら良いでしょう。会話のときに役立つと思います。

タイ語、単語の意味と説明そして全訳を付けるつもりですが単語は「タイ語常用6000語」にある単語は記載しません。だからここで記載していない単語があれば自分で引くことになりますが分る単語が多いと思います。
また文法的に重要と思われる単語の使い方は説明するつもりです。文法と言っても例文を載せて使い方を覚えることに重点を置きたいと思います。多くの例文を見てタイ語の感覚を身に付けて欲しいんです。暗記するより使い方に慣れるです。

発音表記はタイ語を読める人を対象としているので基本的にありません。 勉強の仕方は個人個人で違うでしょうしレベルも違うでしょう。うまくこのホームページを利用してくれればうれしいです。

タイ語本文 日本語訳 単語説明 文法
コーヒーアレルギー(1) (1) (1) タイ語の特徴(一般)
コーヒーアレルギー(2) (2) (2) 動詞 ถึง(Thung)
コーヒーアレルギー(3) (3) (3) 動詞 เป็น(Pen)
コーヒーアレルギー(4) (4) (4) :助動詞ต้อง(Tong)
コーヒーアレルギー(5) (5) (5) None


ちょっと1息(タイ文字に慣れる)

ある程度学校で読み書きを習うとタイの新聞を読もうとする人がいますが無理です。私もその一人でしたが辞書片手に1つの記事を1時間以上かけて読むのはしんどいですね。長続きしませんでした。

理由はタイ文字に慣れていないことがあげられます。だからここで使っている程度の教材を数回読むことをお勧めします。私は「マーミアオと友達 2」を最後まで5回読みました。最初は時間はかかりますが繰り返し読むので読むスピードは早くなります。 そして知らず知らずにタイ文字に慣れて行っていることが分ります。その後試しに新聞を読むと以前より苦労が無くなっているはずです。

実は私は新聞を読むのは好きではありません。目が悪くなってきたのであの小さい細い文字が苦手なんです。詳しい情報が欲しい場合にしか読む気がしません。

個人的にはタイ人作家のベストセラーや英語のタイ語翻訳本などを読むようにしています。タイ語のリーダーダイジェストなどはしっかり書かれていてタイ人の作家の書いた文より読みやすいと私は思います。多分タイ人が書いたタイ文章より主語がハッキリ分るからではないかと思います。

いずれにせよある程度になったら興味のある本を読むのが良いではないでしょうか。



戻る