正しい勉強とは

外国語をマスターする場合「正しい勉強方法で根気よく」だそうです。特に初心者にとって特に「正しい勉強の仕方」は大事だと言われています。では「正しい勉強の仕方」とはどんな勉強方なのでしょうか?

日本でタイ語を最初から独学で学ぶことは難しいでしょう。 だから誰かに習うしかないのですが必要なことは、経験からキッパリ言います。

(1)正しい教科書
(2)正しい教え方をする教師
(3)自分自身のやる気

です。

正しい”とは何でしょう?良く分りませんよね。ところで私はタイに来て半年後英語の必要性を感じてバンコクでも有名な学校ベルリッツへ通いました。(ページのどこかに書いてます)日本では高いレッスン料ですがタイではその25%ぐらいで習えます。その体験談をお話しすのが早いと思うのでそうします。

タイに来るまで私は英語、特に会話が苦手でした。来タイ当初英字新聞も読むのは広告欄ばかり、英語ニュースを聞いても全く分らずでしたがタイでベルリッツに約1年半通って今はほとんど毎日英語を聞いています。
ネーティブのように完全には分りませんが自分がここまで伸びたのはやはり教え方が良かったと思っています。

 研究された教え方はやはり違います。ベルリッツのビギナーズの教科書の内容は中学校1年〜高校1,2年程度ですが徹底して会話基本を教えるように出来ています。  そして学校は教師がベルリッツ方式から外れて教えないように管理しています。ベルリッツの各教室には隠しマイクがありマネジャーが授業を盗聴して監視しているのです。
英語を始めたころ半年間私はプライベートレッスンを1時間半/回、週3回習っていました。半年後、アメリカ映画を見たとき完全ではありませんが聞き取れたのには感動しました。今まで全く分らなかった英語の映画が40歳すぎて字幕無しで楽しめたのです。(タイでは日本語の字幕はありませんから。)

 後は続けることです。言葉に年齢は関係ないでしょう。若い人は記憶力が良く適応力がありますから覚えるのは早いです。しかし続けなければ同じです。私自身5分前に辞書で引いた単語を忘れてしまいます。しかし続けていれば記憶にも残っていきます。外国語みな同じです。すぐうまくなる人はいません。続けていると急に分るようになり伸びたなと感じます。そして数ヶ月経つと伸びないなあとまた考え出します。その繰り返しです。これはどの人に聞いても同じようですね。

ここでベルリッツの宣伝をするつもりはありません。ベルリッツ方式では英語を全く知らない人間を教えるのは難しいと言われています。
実際アメリカ人マネージャーも”ABC”も知らないタイ人運転手に教えたがダメだったと言っていました。生徒の根気が続かないのです。理解出来ないことを続けるのは大変なんですね。

他の学校でも良い方式を使っている学校もあるでしょう。また教え方の上手な教師もいます。何故上手いのか見てみるとそのような教師は良い教科書を選んでいます。習っていておもしろいものです。
そして良い教科書でそれにあった教え方をされると分った気にさせられますから不思議です。後は記憶に残すための継続ですね。外国語が覚えられないのは自分の能力のせいばかりでは無いと思います。

良い教科書は基礎を教えながら段階を追って難しくなっていきます。タイ語は最初から会話例(デパートや飛行場の会話)を丸暗記で教える先生がいますが教え方としては良くないでしょう。実践的だと思いでしょうが基礎を習ってないから頭が付いていきません。最初は基礎を学ぶことが大事です。

ベルリッツの教科書も「買い物の場面」が出てきますがそこの章で覚えるべき単語や文法が明確です。
この章はショッピング場面で文法は過去形、覚える名詞はこれこれ、使えるようになる動詞はこれこれ、イディオムはこれこれ。次の章はホテル場面で文法は未来形で....などなど。会話を通してしっかり基礎を段階を追って教えています。

後はその良い教科書を上手く使い教師が如何に教えていくかです。段階ごとに何を教えるか明確に把握して教えてくれる教師が良い教師です。ベルリッツは教師をトレーニングしていましたから間違いがなかった分けです。

外国語を学ぶ場合、上の3項目はとっても大事だと思います。


ちょっと一息(英語学校)

タイへは外国から英語学校が進出してきています。その1つがベルリッツですが他にもブリティッシュ.カウンセル、リイグイッシュなどなど。

日本人にタイ語学校として有名なAUAは本当はタイ人向けの英語学校で値段も手頃でタイ人に人気があります。AUAのアメリカ留学を目的とする上級者コースは速読コースや英語だけで討論するコースがありかなりレベルが高いそうです。アメリカの大学はレポートを書くために1日60ページぐらいの専門書を読ませるそうですが速読コースはそれに対応しています。日本にはこんな学校あるのでしょうか?

AUAでは英語の級試験(確か8グレードまである)を行っているそうです。それを全て合格した人は就職も良いそうです。以前外資系ファイナンス会社に行ったとき応対してくれた女性が英語が上手かったのでどこの国に留学しているか聞いたところ外国へは行った経験が無いと聞いて驚きました。彼女はAUAで学び全ての級に合格したそうです。オーストラリアに1年留学経験があるタイ人女性とも英語で話したことがありますが彼女より上手いと感じました。

P.S.
タイのベルリッツで英語を学ぼうと思う人がいるかもしれないので1言。私がタイ.ベルリッツで習ったのはもう8年前です。あのときは日本からマネージャーやティーチング.トレーナーが直接来て日本と品質が同じでした。しかしそのマネージャーやトレーナはもういません。だから今は分りません。 しかし物価も考えるとアメリカやイギリスで学ぶのでは無くタイで学ぶのも1つの方法でしょうか。

前へ |次へ