タイ語をWindowsで使う

そろそろタイ文字を使い出しましたので。Windowsでタイ語を表示する問題点を記載しときます。(MACの方はゴメンなさい。)そうしないとIEで間違った表示がされタイ語が間違っていると誤解される可能性があるからです。(もちろん間違っている場合もあるでしょう)

7年前はコンピュータで日本語タイ語を併用するには日本語版とタイ語版のWindwsを2つが必要でした。私はシステム.コマンダをインストールしてマルチブートできるようして対処していました。

しかしWindwsはドンドン進化し”タイ語Windows”でもIE5.0以上を使えばインターネットで日本語サイトも見ることが出来るし、日本語メールも出せるようになります。

逆に日本語WindowsでもIE5.0以上でタイ語サイトを見ることが出来るようになります。

今ではWindows2000やXPを使えばマルチ言語環境はすぐ整います。しかし私自身は使ってないのでここでは日本語Windows98やMeでタイ語を使う方法を述べたいと思います。このWindowsで出来れば設定がXPや2000でも可能でしょう。

98もMeもIE5.0以上が入っていますからインストールするときカスタムインストールでタイ語を選択して置けばタイ語をインターネットで見ることができます。

ノートパッドなどのテキスト形式しか扱わないアプリケーションではタイ語を見ることは出来ませんがワードやワードパッドではタイ語を見ることができます。しかし残念ながらタイ語キーボードが登録されてないのでタイ語入力が出来ません。

そこでタイ語キーボードのドライバですがパッタラさんのサイトからダウンロードできます。このソフトは知っている方もいると思いますがタイ人の方が作ったソフトです。これでメールもタイ語で出せます。

しかし彼のタイ語キーボードは1部キー構成ーが違うので気を付けて使用してください。(ちょっと一息参照)

・日本語ウィンドウズのタイ語表示の問題

私は日本語ウィンドウズはMeを使っていますがIEのタイ語の標準フォントは「Tahoma」になってます。これで「水」(ナム)表示すると右下図のようになってしまいました。声調記号と発音記号が重なっています。

正しい表示 Tahomaフォント

これでは困るので別のタイ.フォントをダウンロードして「コントロール.パネル」の「フォント」からインストールすることをお勧めします。

このサイトでは "CordiaUPC" フォントを使うようにホームページを調整しています。以下のマイクロソフトのサイトからダウンロードできます。

マイクロソフトのタイ語フォント.サイト

また別のダウンロードサイトもあります。
「Angsana」と「Courier Proportional Thai」は美しいとは言えませんが使えます。


・日本語ウィンドウズのUNICODEの問題

UNICODEが一般的になり多言語の同時表示が可能になってきました。特にUnocode(UTF-8)はウィンドウズXPのノートパッドでタイ語と日本語が同時に使えて便利だと思ってました。がーしかし!このままホームページをIEで表示すると上手く表示できないタイ語がありました。Unocode(UTF-8)が使えてタイ語が使いやすくなったと思ったのに誤算でした。

文字が正しく表示されない例

タイ文字の""をUTF-8で保存しIE5.5で表示するとこのようにになります。(IEのエンコードをUTF-8にする)
ウィンドウズXP(英語版)のNOTEPADでは正しく""で表示されるんですよ。


これでは使えないので私のホームページではタイ語を全てUnicodeの十進表記にして日本語シフトJISコードと共に表示してます。(ハッキリ言って面倒)

一応日本語ウィンドウズでタイ語を勉強できるようにと考えてホームページを作りました。しかしXP、2000など全てのウィンドウズで確認はしてませんのでその点はご考慮くださいね。そしてIEの上位バージョンでは上に書いたことが当てはまらない可能性もあります。

さあイヨイヨ次回は発音編です。


ちょっと一息(パッタラさんのキーボード)

タイ語ウィンドウズで を打つ場合普通  を使います。

パッタラさんのタイ語キ−ボードの場合以下の2つのキーを使います。


 と (Shiftキー)+

前へ |次へ