タイで働く

タイで就職先を見つける場合、いりいろの方法があると思いますが、私が一般的だと思う方法を述べます。
多くの人は最初につなぎで日本語教師をやるようです。理由は教師の就職先が見つけ易い。そして教師の仕事の間に、就職斡旋会社に登録して置くなり、日本人向けの新聞の求人欄を常に見るなりして就職先を探します。運がよければ、日本語教師をやらずに就職先が見つかります。斡旋会社に登録する場合、何でもやります。やる気あり。では、余りにもセールスポイントが無さ過ぎますから、自分をセールスできる何か持った方が良いでしょう。
日本語教師の賃金は、個人でやれれば1時間300から500バーツぐらいですが、学校で働くと120から300バーツといろいろです。しかし、1日数時間しか授業がなく、また夜のことが多いので大変です。平均して、月10000バーツを超えるぐらいでしょう。
日本人の会社に就職した場合で、給料は20000バーツからが普通のようです。中にはもっと安いところもあるようですが...。もし日本の大企業のタイ法人に就職できれば、秘書で30000バーツから、マネージャで40000バーツ(車が付く場合あり)ぐらいでしょう。決して高くはありません。もちろん、これはタイで就職したときの賃金です。
こちらタイで就職した場合、将来、給料は上がることも少ないですし、会社側も厳しいです。彼らは必要なくなれば、日本と違い組合もありませんからすぐ解雇できますし、給料をカットできます。
これは、1つの例です。ある日本人女性がタイ系旅行会社に最初40000バーツで勤めました。しばらくしてタイのスタッフが「余り能力がないのに何故私たちより3倍以上高いの?」とタイ人社長に抗議したため、彼女は給料を半分にされてしまいました。
こちらで就職した場合、平均1年ぐらいで辞めて行くようです。それ以上、勤めても自分の将来が良くなるとは思えないからでしょうか。日本の会社のように決まった昇給もありませんし、会社での地位があがることもありません。自分の将来は自分で考えなければなりません。

タイ人の給料

タイでは1日当たりの最低賃金が決まっています。1995年は145バーツでした。1996年は167バーツを労働者側が要求しています。(9月現在156バーツ前後で決まりそうですが...)大体、BOIを持っている大手の企業は、これを基にワーカの給料を決定しています。しかし、BOIに参加していない小さい会社では、それ以下のところもあります。また、バンコクの給料は地方の給料に比べ高いです。会社に依ります。BOIを持っている会社は政府の監視目があり、最低賃金以下に支払うのは無理でしょう。私が知っているバンコクのワーカの給料(1995年)を示しますが、給料はあくまで会社(以下より日系は高い)によりますので、参考のみとしてください。
  • 一般マネージャクラス(英語可):15000から20000バーツ
  • 事務処理の女子:5000バーツから
  • メッセンジャ・ボーイ :4000バーツから
  • 運転手:6000バーツから
  • 残業を行う場合は、別途オーバタイム料金として払います。セールスの場合、給料にプラス歩合が付くこともあります。
    タイで信頼できる仕事のできる人を雇うのは、難しいことです。タイ人にいい友達がいれば、そのような人を紹介してくれることもありますが、何か問題があった場合、簡単にくびにできません。そして、ほとんどのタイ人は1年以下で辞めてしまうことが多いようです。(大手は別です。)長く勤めてもらうにはどうすれば良いのでしょう。
    クラスの低いタイ人にとって生活が保証され、自分にとって益のある仕事と思えば長くいます。例えば、給料は高くないが、住む場所を与えてくれる。問題が起こったときに相談に乗ってくれる。日本人にとって、相談にのることは、言葉の問題もあり非常に難しいことですが、私の友人はタイ語もベラベラですが間にタイ人をいれ、うまく処理しているようです。ほとんどがお金の問題のようです。しかし、理くつの通らないお金は出す必要はありません。一回信頼関係ができれば、こちらのことも考えて仕事をしてくれると言っています。友人の貿易会社では、日本への出荷の期日が間に合わなくなりそうだったとき、ほとんど徹夜で働いてくれたそうです。友人も良くやってくれたときはチップをあげたり、褒美をあげたりして評価してあげいます。ですから、彼らには給料分以上の経費がかかるようです。
    上のクラスのタイ人の中では給料よりステータスを求めて仕事をしている人もいます。外国企業に勤めていることを、周りの人間にアピールしているのでしょうか。タイの女の人でしたが、6年アメリカに住んでいて、コンピュータを教えたことのある人が16000バーツで某有名外国会社のセクレタリーをしていました。この方はその会社の外国人マネージャよりいい家に住んでいました。もちろん、能力もあったそうです。

    タイ人の信用度

    よく聞かれるのが、「タイ人は信用できますか?」です。それは、「日本人と同じで人によります。」としか、答えようがありませんが、日本人の感覚では、信用できない判断される人も、タイ人感覚で言えば、信用できるとなることもあります。
    お金を貸してお金を返さない、または、掛け売りで物を売ったが期日にお金をはらわないは、タイでは相手が逃げ出さない限り、うそをついた、相手をだましたことにはならないのです。
    彼らは、「今、お金はないけど、やさしい心をもって、ちょっと待ってください。」と言っているだけです。もちろん、相手に、「まだお金を払ってませんよ。早くね。」と言うのは良いですが、ここで怒ってしまっては、タイ人から心の狭い人間だと言われ、こちら側がいやしい人間のように思われます。ハイクラスのタイ人は、このように思われることを非常に嫌います。どうです。タイ人感覚は理解できないものではでしょう?
    しかし、この待つ間隔が非常に長いまたは、永久なのです。これは、うそをついたことになりませんか?これは物品を納入する時の納期にもあてはまります。常に遅れるでは、ビジネスになりません。タイ人もそれは知っています。
    タイは日本以上に契約社会だと、あるタイで仕事をしている日本人の人が言っていました。契約書に遅延による損害のことを考えて盛り込むのです。「もし、払えなければ、ペナルティは幾ら貰います。」等。 このようにすれば、約束を守らなければ、お金を払うことになりますし、裁判になっても負けますから契約は守ろうとします。
    日本人側の問題として「俺はおまえを信用している。だから、契約書など他人行儀なことは必要ない。」と、日本流の古いビジネス間隔で商売をする方がいることです。タイ人からすれば、鴨がネギどころか鍋しょっているようなものです。このような心の広い人は大好きです。タイ人とのトラブルは相手の習慣などを知らずに日本流に行う側にも問題があるようです。
    これは、ある方のオフィスを借りたときの体験談です。うまくタイ人にやりこめられています。
    ある日本人がオフィスを開くため探していた。不動産会社から、小さいビルだがもうすぐできる物件がある と言われ、見に行った。オーナは彼に言った。「今なら電話も、建設中なので、このサイズのオフィスなら1台しか付けないが、特別に2台する。国際電話も直通で可能だ。」値段も手ごろで建設中だが気にいった。オーナは後1ヶ月に入れると保証したが、その日本人は、タイ人の場合、遅れることを考えて、2ヶ月後だったら入ると言った。
    そして、2ヶ月後の引越しの日、確かに、彼の入るオフィスは出来ていたが、出来ているのはその部屋だけ、階段も使えるがまだ完全ではない。オーナは特別にお前の部屋だけを早く仕上げさせた、お前のために頑張ったと言った。彼は恩を受けたかっこうにさせられたうえ、完全にビルが出来るあと2ヶ月後まで建築の騒音、突然に起こる停電、オペレータを通さなければならない電話の状態で仕事をしなければならなかった。もちろん家賃は正規の値段。
    彼は言った「慎重に考えて契約したつもりだったが、相手の方が上だった。しかし今は最初オーナが言った通りの状態になった。タイで契約した場合、すぐにその通りになると思わない方が良いようだな。しかししつこく文句を言い続けなければその通りにならないよ。」

    戻り