日本人にない”信じるもの”

数年前警察官である知り合いが首に新しいお守りをしていたので聞いたことがある。彼は「弾よけ」のお守りだと言った。値段も防弾チョッキが買える値段だった。

彼はアメリカにも留学しているし政府の派遣でいろいろ海外にも行ったことがあるエリート役人の一人だ。彼はタイの男性が生涯に1度はならなければならない(日本人だけがそう思っているのかもしれないが...)お坊さんにもなったことがない。彼自身に取って余り意味のないことのようだ。

彼が言うにはこのお守りがあれば弾はよけて行くのだそうだ。まじめな顔をしながら言われたとき日本人の私は少し驚いた。

またチェンマイに行ったとき拳に刺青をしているタイ人にその意味を尋ねたことがある。彼は「象」だと言った。この拳で殴ると相手は1発でのびてしまうのだそうだ。どこかのお坊さんに彫ってもらったと言っていた。

この手の非科学的な話は日本人として茶化さずにはおれなかった。

「あるとき新聞に載っていたが、偉いお坊さんが彫った刺青を体中したタイ人が友人にピストルを渡して撃ってみろと言ったそうだ。その友人が撃ったら彼は死んでしまった。知っているかい?」

「その話は知っているが彼は真の仏教徒では無かったんだ。真の仏教徒であれば弾は当たらない。」

タイでは教養のある人間も”お守りの力”を信じきっているようだ。

同じような話を外国人が自分の本で体験談を書いていた。

あるオーストラリア人が霊験あらたかな「お守り」をしていたタイ人が撃ち殺されたとき「ほら見ろ全く効き目ないじゃないか!」とタイ人に聞いた。

「新聞の写真を見なかったのか。彼は悪い人間だったから確かに死んだが、血は一滴も流れていなかったんだよ。」

今の日本人は目に見えないもの、確かめられないものを信じ無くなってしまった。有名な評論家小林秀雄は昔の人はそのような超自然的なものを信じて畏敬の念を持っていたと言っている。そして実際そのようなものがあると言っている。

タイ人は日本人の無くしてしまったものをまだ持っているのかもしれない。

Home

ご意見ご感想はこちら

日本の報道は規制されているのか (第23回 1998.10.14)

外国でおちいり安い偏見意見 (第22回 1998.9.22)

靖国神社参り (第21回 1998.8.16)

日本の選択 (第20回 1998.7.14)

日本の不況 (第19回 1998.6.15)

救出のための自衛隊派遣 (第18回 1998.5.13)

タイから見る日本 (第17回 1998.3.14)

政府の資質、企業の資質 (第16回 1998.2.13)

タイの精神マイ.ペン.ライ (第15回 1998.1.13)

タイの経済状況を見て(第14回 1997.12.11)

タイ語を覚える(第13回 1997.10.11)

日本の医療費負担削減について(第12回 1997.9.12)

タイの試練.日本の試練(第11回 1997.8.15)

民主主義選挙というもの(第10回 1997.7.12)

コミュニケーション.トラブル(第9回 1997.6.14)

海外の日本テレビ番組を考える(第8回 1997.5.16)

日米安保のある見方(第7回 1997.4.12)

日本の人権について(第6回 1997.3.14)

日本脱出のすすめ2(中小企業)(第5回 1997.2.14)

日本脱出のすすめ1(個人)(第4回 1997.1.12)

日本の求められるもの(第3回 1996.12.19)

日本の戦争被害者意識(第2回 1996.11.19)

タイの汚職と日本の汚職(第1回 1996.10.15)