バス運賃再値上げ

1週間前に運送協会がガソリンの値上りを理由に7月1日から運賃を勝手に2バーツ値上げすると言ってきました。政府はストも含め違法行為だと批判しましたが結局5月に続いてさらに1バーツの値上げが決まりました。

バス代が7月8日から1バーツ値上げされることが6月30日陸運局と私営バス協会の間で合意した。

運送協会では7月1日から2バーツ値上げの要求をし、もし出来なければストに入り5000台のバスをストップすると運輸省を脅していた。運輸省は7月15日からの値上げを要求したが8日で決着した。
長距離バスも1Kmあたり30サタンの値上げが認められた。

結局エアコンなし.バスは6バーツ、エアコン.バスは10バーツ〜20バーツそしてミニバスは5.5バーツになる。

また石油価格の値上がりで、タクシン首相は7月5日から以下の省エネ法案を実施すると言っている。

  1. 全国のガソリンスタンド営業時間をさらに短縮する。(現在Am6時〜Pm12時)
  2. テレビ放送は午前0時まで。(有料テレビUBCは除く)
  3. 宣伝用広告塔の電気はPm9時まで
デパートの営業時間の短縮も協議されたが見送られた。

政府は石油価格上昇による経済への影響を防ぐため、生活必需品の3ヶ月間の価格据置を命令だしています。これが延長されましたが7月末に切れます。切れると当然物価が高騰して行くでしょう。
生活必需品のメーカからはすでに悲鳴が上がっていました。ナム.プラ(魚醤油)のメーカはこれ以上今の価格を維持するには品質を落とすしかないと言っています。


戻り