スワプーム国際空港の初日

スワプーム国際空港が開港しました。初日起こったトラブルの様子です。

運用開始初日、タイ航空の重役がスワプーム国際空港の荷物受け取りサービスを混乱させたとしてポストを追われた。運輸省は「問題は人数だ。タイ航空には全てのエリアでサービスがスムーズに行くように人員を増やせと指示したが荷物運搬部門をサポートする人間を入れていなかった。」と言っている。

遅れた荷物の手渡しは幾分かマシだったが被害を受けた客への対応のマズサや係員の未経験さが見受けられた。到着した乗客は荷物を受け取るために通常時間以上に待たされていた。

出発する乗客の荷物は荷物運搬機のモーターがトラぶったが4時ごろ回復した。そしてトラぶった間、タイ軍隊の兵士た ちがサポートし、問題はなかった。

また無線ラジオ.スステムの基幹部分に問題が発生し再インストールが行われた。この間は内線電話使われたが回線がパンクしてしまったそうだ。空港スタッフの連絡には無線ラジオが使われており、この故障が荷物受け渡しの遅れの原因の1つだった。無線ラジオと内線電話回線を増加するとタイ電電公社は言っている。

新空港社長はタイ航空の荷物受け渡し遅延の問題でタイ航空の問題だと言っているがタイ航空は荷物の受け渡しの遅延は新空港の運搬システムの不備だと言っている。

ニューヨークから来た乗客の1人は午前3時30分に着いたが6時まで荷物を受け取ることが出来なかったと言っている。彼はタイ航空に荷物の手渡しが送れることが前もって分かっていたら乗客には休憩室で待てるようにすべきだったと言っている。

スワプーム国際空港はトイレの数が少ないそうです。だから下痢してると最悪だそうな。


戻り