科学オリンピックで高成績

今年も科学オリンピックが行われ、タイはまた高成績を残しました。今回は明らかに日本は抜かれしまいましたね。

タイの高校生たちがヨーロッパで行われた科学オリンピックで3つの金メダルを獲得した。スペインで行われた数学部門で2つ、ハンガリーで行われた化学部門で1つを獲得している。

数学オリンピックは7月10日〜22日に掛けて49カ国が参加して行われ、タイ人6人は全員がメダルを獲得した。金メダルを2個、銀メダルを3個、銅メダルを1個だった。

科学工学教育委員会によればこのオリンピックは97カ国535人が参加して行われたそうだ。そしてタイは1988年から参加してから最高の国別で6位の成績(175ポイント)を修めることが出来た。

数学部門に他国から参加した国で金メダルを多く獲得した国はロシア6個、中国5個、韓国4個、日本2個、ベトナム2個だった。

またブタペストで行われた化学オリンピックではタイから4人が参加し、金メダル1個、銀メダル3個を獲得した。金メダルを多く獲得した国はロシアと中国が4個、韓国と台湾が2個だった。

またその他、ムバイで行われた生物学オリンピックでもタイは4人が参加し、金メダル3個、銀メダル1個を獲得している。

日本やアメリカは自国の教育レベルが下がったと危機感を持っているようですが、インターネットの普及などにより情報が世界各国に行き渡るようになり、新興国の教育レベルも上がったのではないでしょうか?

また中国で行われる世界ロボットコンテストでチュラロンコーン大学の災害援助用ロボットが出て来ます。ライバルは日本、イランと言っていました。10年ぐらい前、初めて日本のNHKのロボットコンテストで何とか動かすことがやっとだったタイがです。すごい進歩ですね。


戻り