TOT倒産の危機か

 TOTは日本のNTTと同じタイの通信事業を行っている政府が株を所有している企業です。これが携帯電話事業などに失敗し倒産の危機にあるようです。

情報通信省スティチャイ大臣がTOTが倒産の危機にあると発表した。生き残るためには優秀な役員と社長が必要だと言っている。

大臣は自分たちだけ利益を得ようと政府機関を悪用する団体の内部対立で組織が危機に直面したと非難している。これに、労働団体が8月中旬にTOT役員の退陣要求を出した。

TOTは携帯電話会社が回線使用料を保留しているため200億Bを損失している。携帯電話会社DTACとTRUE MOVEはTOTが国家通信委員会により承認された使用料を適用するよう求めて、去年の11月から使用料を払っていない。また調停委員会からTRUE に対し固定電話の特許使用料90億Bを支払うよう命令されているが裁判中だ。もし敗れれば、保留期間の利子も含めて140億Bを支払うことになる。

TOTは大蔵省の大きな収入源のひとつだったが固定電話の使用者が減るに従い変った。そしてまた、インターネットのブロードバンド.ビジネスでは私営企業と競争出来る力がない。 スティチャイ大臣はTOTは呪いを掛けられている状態にあると言っている。TOTは長い間、役員委員会のあるメンバーたちが確定された利益を得られるように運営されていた。それが大きな亀裂をお越し、時代に合った経営が出来なくなっている。TOTはTHAI MOBILE と言う名で携帯電話事業に乗り出したが汚職問題も発生し、うまく行っていない。

 TOTは歳入が急減し、歳出を押さえようとして労働賃金などにも波及するようです。これに、TOTの労働団体が反対しています。正直に言えば、政府も人員整理などしてTOTを建て直したいんだと思います。

 ところでTHAI MOBILEという携帯電話サービス会社あるの知ってました?


戻り