ドミトリーで男女共存

カセサートやラムカムヘーン大学の側には学生が安く宿泊できるドミトリー式のアパートが多い。ドミトリーでは男女は別々の部屋に住むが男女共存が出来る所もあったようだ。しかし今年、違法ということで警察の手入れが入りました。

ラムカムヘーン大学の側には3つのドミトリーがある。1月30日この3棟のドミトリーに警察の手入れが入った。。施設運用の違法である。このドミトリーでは男女の学生が同じ部屋に住んでいた。

1964年に決められたドミトリー規定法では宿泊を共有するドミトリーとして登録した場合、男女は別々に宿泊しなければならない。違反すれば6ヶ月以下の懲役か2000B以下の罰金だ。

また社会環境省はこのドミトリーに25歳以下の学生がいる場合、去年いっぱいまでにドミトリー登録するように通達していた。

ある部屋では男子生徒2人と女子生徒20人が同居していたと警察は言っている。またある部屋では赤ちゃんのいる若い学生カップルが他の生徒と同室していた。

「我々は3回、このドミトリーのオーナーに施設の運用に違法があると警告していたが彼らは全く無視していた。我 々は次の学期が始まる前に手入れを実行したので、学生は新しい運用の元で再契約できるだろう。」

タイ全国では約5万のドミトリーがあり、ドミトリー登録しているのは1万677施設だけだ。

手入れを受けたあるドミトリーの女性オーナーは賃貸者の80%が学生で少なくとも30部屋で男女が共同生活していると言っている。彼女はこの手入れで借りる人が減るのではないかと心配していた。

ピンヨ君19歳は20歳の彼女と2年間このドミトリーに住んでいる。彼はドミトリーの規則を知らなかったと言っている。「法律について全く聞いていなかった。彼女と話してどうするか決めなければなりませんね。」もし、ドミトリーに住みつづけるなら彼らは別々の部屋に住むことになるだろう。

学生のドミトリーとして運営する場合、登録がいるようです。ゲイの多いタイは男女の区別が難しいと思いませんか。オカマは女性の部屋へ入れるのかしら?


戻り