生体燃料生産増やして何が悪い

生体燃料(バイオ燃料)の増加が世界の食糧難になったという国連事務総長の発言にサマック氏が真っ向から反対しています。また彼は食料が不足する事態はタイで発生させないと明言し、もしそのようなことになるならば輸出する食料を国内に回すとも言ってます。

サマック首相は世界銀行と国連が世界の食料難を無くすために、石油輸出国が生産を控えている中で急激に伸びている生体燃料の生産を非難していることに噛み付いた。彼はこの問題発言をした同日に食料安定保障と燃料供給確保のため100億バーツの長期予算を閣議で決めた。

生体燃料は世界を温暖化している温室ガスの規制と削減のため開発されている。しかしながらそのために食料生産のための土地が取り上げられ食量の値段が高沸しているため非難されている。世界銀行は4月初め生体燃料生産の増加が食料品の値上がりを招いていると言っている。

しかしサマック氏は言う「世界銀行は数値をさして我々を非難する前に石油輸出国に増産を頼んだろうか?今、石油が不足していないのにこの不合理な石油価格の高沸が続いている。石油のない我々が生体燃料に移行するのは当たり前ではないか。」

彼は世界食糧難を心配するバン.キムーン国連事務総長に対して何故石油価格の上昇について何も言わないのか非難する 。「バン.キムーン氏は食料生産国に対し文句を言っているがこの世界経済性を不安定にしている石油輸出国に何も言わない」

彼の内閣は食料とエネルギーを効果的に運営するための12年計画を了承した。まず2年間で、実践するための土地の区画化を行い、そして5年間で生産増加を目指すと言う。この区画では食料となる穀物やエネルギーとなる穀物両方が生産される。

例えばタピオカの生産のため740万ライ(1rai=40mx40m) さとうきびの生産のため600万ライが計画され、計画ではそれぞれ1ライ当たりタピオカは3.7トンから4.7トンへ、さとうきびは11から12トン以上の増加を目指している。また生体燃料についてはオイルやしの生産のため500万ライ、1ライ当たり3トンから3.5トンへ増加生産する計画だ。

ソムサック農業省副大臣は農産物生産のため13000万ライを使用し、そのうち2000万ライが生体燃料生産に使用されると言っている。

サマック首相はすぐに現在使用されていない土地を利用し、農産物の生産を増加する研究をすると言っている。「タイは全く心配の必要はない。すでに財務大臣には穀物栽培のために土地開発を考慮して予算を組むよう頼んでいる。タイは将来世界の台所になるだろう。」

タイは農産物生産国でまだまだ土地はありますし、石油は出ませんが天然ガスがあります。石油が上がっているに燃料を生体燃料に変えて何故悪いと言うわけです。


戻り