石油高騰でガスも値上げ

石油価格の高沸でタイではガソリン車をガスに変える人がウナギのぼりに増えています。6月時点で申し込んで3ヶ月待ちだと言うことです。しかしガス需要が増え、ガスの価格が7月から上がることになりました。

7月からLPGガスが値上がりする。そのため買いだめに走っている人たちがいる。そのことをサマック首相はTVを通し非難した。彼らのせいでガス燃料不足が発生しているのだ。

「ガス販売店の中には値上がりを待って溜め込んでいるものたちもいる。見下げたはてたものたちだ。ガス不足は彼らの招いた行為だ。彼らはガスの値段が上がる2,3日の前、利益を得ようと溜め込んでいる。」サマック首相は7月24日のTVで語った。

実際29日幾つかのガス.ステーションは閉店していた。ラマ3世通りでは開業中の幾つかのガス.ステーションにはタクシーや自家用車が長い行列を作っていた。バンコクから離れたブタモントン通りやラタナティベット通りのガス.ステーションでは「ガス売り切れ」と書いた看板を貼っていた。

新しいガス料金はすで発表されている。サマック氏はガス料金の値上がりは来年も続くだろう言っている。しかし15B /リッターを越えるようのことはないだろうとも言っている。(現在11.5B/リッター)

30日国内流通局の会合が開かれる。そこではガス不足が起こった原因が調べられると同時に対策が話し合われることになっている。国内流通局では29日調査員が幾つかの地区のLPGガス.ステーションを訪れて指導したと言うことだ。

しかし多くの自動車利用者が”ガス”を売ってくれなかったと文句を言っている。彼らはガス.ステーションが価格が上がるまで溜め込んでいると疑っている。

タイにはガス田があります。販売価格は1トン当たり300USドル行かないそうです。この価格は世界標準の3分の1だそうです。何も資源の無い日本から見るとうらやましいかぎりです。


戻り