長期滞在の男性行方不明

YAHOOニュースに取り上げられていたので調べて見ました。行方不明は良くあることで、何らかの事件に巻き込まれた場合にはタイ新聞に載りますがそうでなければ載りません。しかし運良く(?)今回載ってました。

日本ではATMで4万B降ろされたとか、コンピュータが無くなっていたとか記載されてましたがこのタイ.インターネット新聞ではなかったですね。逆に日本で書いてなかった彼に妻がいることが書いてありました。

ラシー ミルペットさん(スリン県出身)23歳女性が恋人の日本人男性タナハシ タカヒデ氏(日本人 33歳)が行方不明になったとその男性の友達と共に警察に届け出た。

タナハシ氏はラッチャダピセーク通りフワイクワング地区にあるシワラーマンション6階に住んでいた。そして8月5日から行方が分からなくなっている。

地区警察は8月12日調査状況を発表した。行方不明の届出がでてからマンションの部屋を捜査し、マンションの監視カメラを調べたが特に不審な点は発見されなかったそうだ。部屋の中では荒らされた様子もなく、貴重品が無くなった様子も無かった。監視カメラの5日の画像からはタナハシ氏がエレベータから変わった様子も無く、1人で出て来るのが見れた。その5日からタナハシ氏の行方が分からなくなっている。

マンションの係員の話ではこの日不審なことは無く、誰かを抱きかかえるようにして出て来た人間も居なかったと断言している。今、警察はタナハシ氏の妻と友人に彼に何か異常なことは無かったか聞いている。

また地区警察はナコンラチャシマー県で身元不明を死体が発見され、それがタナハシ氏と関係あるか調査した述べた。死体は腐敗がひどく外見からタナハシ氏か否か証明するのは難しいと言うことだ。

死体のDNA鑑定はナコンラチャシマー県で行われる。地区警察で行われない。そしてまだ、発見された死体がタナハシ氏か否かは分かっていない。

現在、地区警察ではタナハシ氏の行方を追っている。もし、彼が死んでいればその原因を調査することになるだろうと警察は言っている。

一番良くある話がタイ人の妻から逃げたでしょうか。僕の知り合いもタイ人妻のギャンブル狂に嫌気さして逃げましたが、貴重品は持って行きましたね。

しかし何故日本のメディアが事件にもなっていない事件を追うのでしょうかね?日本で家出とか長く家に帰らなかったと言ってニュースにします?警察は何らかの事件に巻き込まれてないか調べるでしょうが事件になってないものが新聞には載らないでしょう。

(続 8・21)

8月20日ナコンラチャシマー裁判所はタナハシ氏を殺害したとして日本人2人(モリ ヒロトシ、タケシ ウラマキ)に対し逮捕状を出した。 10人の証人の話から、この2人は被害者と最後に会った最後の人物であり、株のオンライン取引で何らかのトラブルが発生していたことが分かった。この2人は死体が発見されたと言うニュースの後日本に帰国している。

タイ警察は帰国した2人の日本人の捜査を日本警察に依頼すべく、日本の法律に則ってタイ警察の逮捕状を送付した。

タイでは外国人が被害者であり、加害者であるケースは余りニュースになりません。去年のスコータイでの日本人女性観光客殺害事件も最終容疑者が最後に会った日本人男性と断定してから先に進んでいないようです。この行方不明事件ついては日本で現金が下ろされたようで日本の警察も捜査に協力しているようですね。 日本では被害者のATMから現金が下ろされている様子がニュースで流れたようですが、タイでは被害者のアパートの部屋に入って出て行く犯人らしき男を監視カメラが捕らえていて、ニュースで流れていました。近頃は日本人が日本人を殺す事件が多いですね。


戻り