追われる少数民族の悲哀

日本で報道されていないようなので記載してみました。

ラオスから最近多くの避難民がタイ側へ流れてきていました。”Hmong”(ここではフモン族と呼ぶことにします。)というベトナム戦争時にアメリカ側についた反政府の少数民族です。
タイは彼らを非合法な滞在者としてラオスに国外退去させることにしたようです。

7月4日ペッチャブン県カオ.コ地区に非難して来ていたフモン族6558人の1人が自殺未遂をした。7月6日現在、10人がラオスに国外退去させるなら死ぬとタイ政府を脅している。

6月、国家安全委員会のビナイ将軍が避難民のことでラオス政府と話をしたいと言っていた。問題の人たちはアメリカCIAのために働いたと言う証拠が無く、アメリカ移住が認められなかったフモン族の人たちだ。

約2000のフモン族がラオス共産主義と戦ったと主張している。彼らは1975年アメリカがベトナムから撤退したときベトナム軍に弾圧されて、ラオスを逃げだした。彼らはラオスに戻れば無事ではすまないと言っている。

フモン族の避難民たちは今、カオ.コ地区のフアイ.ナム.カオ村から5Km離れた道路の上でキャンパス.シートをかぶり夜露をしのいで過ごしている。彼らは村に竹の家を立てて住んでいたが土地所有者に勝手に住み込んだ違法滞在者として退去を命じられていた。

避難民の1人、ヤンリー サエロ氏45歳はもしラオスに戻されるなら自殺すると言っている。そして仲間の1人イアワ サリー氏は毒を飲んで自殺を図った。しかし成功しなかった。
「もしラオスに戻されるなら我々は死ななければならない。もし死ぬならタイで死んだ方がましだ。」ヤンリー氏は言う。彼は言う「CIAで働いていたヤサウ サエロの息子が1971年ラオス軍に殺された。もし帰れば拷問されて殺される。」

助かったイアワ氏はラオスに帰っても生活手段もなく家族と一緒に死ぬしかないと語っている。しかし彼は今年の5月ラオスから逃げてきた。そのことを彼も認めている。

国家人権会議の少数民族分科委員会は政府に強制立ち退きをしばらく延期して欲しいと言っている。そしてその間にタイの法律にあった手段を見つけ出したといっている。バンケック.ノイにある少数山民族センターのタノンサック氏はフモン族に同情はするがタイ政府に従わなければならないだろうと言っている。現在、彼は県の避難所から彼らを別な場所に移動する命令を待っている。

もとCIAで働いていたフモン族の長パジャイ少佐は国外退去になれば全員が自殺するしかないと主張する。「誰もラオスに戻りたがっていない。そして我々が違法滞在者であることは知っている。だからタイ政府と国連が人道的支援をしてここに留まるか第三国に出国させてくれることを望んでいる。我々はラオスから逃げてきたのだからラオスに帰すのは止めてくれ。」彼は言う。

・フモン族について

フモン族はベトナム戦争でアメリカの味方をしていたラオスの少数民族です。現ラオス政府はベトナムに味方していましたから彼らはラオス政府の敵でした。アメリカが撤退すると彼らへの弾圧が始まります。弾圧を避けるため民族の一部がタイ国のサラブリ県のタム.クラボック寺とペッチャブン県のカオ.コ地区へ逃げ出しました。

そして現在至ります。今、サラブリ県のタム.クラボック寺のフモン族は15千人に、ペッチャブン県のカオ.コ地区のフモン族は2千人になっています。

ラオスにもフモン族は残りました。しかし彼らを政府はラオス国民と認めていないようで差別され続けていたようです。その人々がサラブリ県のタム.クラボック寺とペッチャブン県のカオ.コ地区に夢を求めて移動し始めたらしいのです。

アメリカはサラブリ県のタム.クラボック寺に避難しているフモン族のうちアメリカに協力した証拠のあるものに対し責任を持つことを約束しました。そうなると証拠の無く、後から逃げてきた2千人は不法滞在者になります。行き場が無い者たちはペッチャブン県のカオ.コ地区に移動しました。

今、カオ.コ地区のフモン族は以前からいる約2千人、ラオスから来た約2千人そしてサラブリから来た約2千人、合計6千人以上に膨れ上がってしまいました。

現在、アメリカはペッチャブン県のカオ.コ地区のフモン族については責任を持つことを明確にしていません。

ラオス政府がフモン族を迫害していたかは不明ですがかれらがラオス側に戻るのはイヤがっています。ラオスに戻っても苦難の生活が待っているようです。国を追われるものの悲惨さを感じます。

日本で昭和30年代か40年代かに敵国に侵略されたらどうするかと言う討論で「降参して服従する」「交戦して自国守る。」の2つの意見で真っ向対立がありました。「降参して服従する」の理由はもう戦争の悲惨な経験や生活はコリゴリだと言うものでした。でも服従しても悲惨だと思いますけどどうでしょう? 逃げ出す?でも自国を持っていなかったユダヤ人と同じで迫害されると思いますよー。


戻り