タイで有名な日本女性はボクシング.チャンピオン

タイで有名な日本女性がいます。ナナコ キクチ女史(33歳)、現役ボクサーの世界チャンピオンです。ナナコ女史は去年ストロー級世界チャンピオン決定戦でタイの女性に勝ってチャンピオンになりました。

変わっているのは挑戦するタイ女性が服役中の囚人なことでしょう。タイ政府は更生活動の一環としてボクシングを奨励し、服役中のタイ女性がこれからの人生を掛けてナナコ女史に挑戦しています。それはナナコ女史を倒し、世界チャンピオンになれば恩赦で釈放になるからです。 そしてタイの国民たちは女性犯罪者たちがボクシングを通し立ち直ることを期待し応援しています。

5月10日、日本のストロー級チャンピオン、ナナコ キクチがかろうじてタイの挑戦者シリポン ソー.シリポンをしりぞけチャンピオン.ベルト防衛した。試合は判定に持ち込まれ、韓国レフリーは97(キクチ)−93、タイレフリーは96(キクチ)−94そしてスウェ−デン.レフリーは96(キクチ)−94で3−0でナナコ キクチが勝利した。

日本チャンピオンは勝者が告げられたとき泣き崩れて喜んだ。そして彼女の腰に副総理大臣と法務大臣の手でチャンピオンベルトが巻かれた。

日本のチャンピオンは後で語ってくれた「タイの人たちはフェアプレーで、正直でした。このスポーツ精神に敬服します。」しかし明らかにナナコが勝っていたし、戦術がうまかった。

ナナコは最初から打ち合いをし、スタミナも十分、技術も上手く、若い23歳のタイの挑戦者を寄せ付けなかった。 そして10ラウンド終了までエキサイティングな試合だったが、僅差でナナコが勝利した。ナナコは特に防御技術が上手い。それとスタミナが彼女の勝因であろう。

タイ国民はタイ政府のこのボクシング企画を賞賛している。人生を踏み外した女性たちに大きな影響を与えている。ボクシングのおかげで、彼らは更生し立ち直って行っている。ボクシングは不幸な過去で苦しんだ女性の手助けになっているのだ。

特赦検討委員会はもし挑戦者シリポンが勝っていたら無罪釈放にするつもりだったと言った。「彼女が勝っていたら残りの刑期は免除されることになってました。チャンピオンになれば国外でも防衛マッチが行われることになるでしょうから。服役中のものは国外へは出国できません。
しかし残念ながら彼女は勝てませんでした。しかし彼女は模範囚でもありますから彼女の刑期短縮を考慮中です。」 特赦検討委員会は言っている。

結果的にはナナコ女史の勝利は女性囚人の夢を阻むことになりました。しかしナナコ女史はチャンピオンで有りながらタイでタイトルマッチを行っていることは囚人たちの夢をつないでいることでしょう。

スポーツを通して日本をアピールしてくれる人に野球のイチローやマツイ、サッカーの中田や中村などがいますがナナコ女史も大いに貢献していると思います。みんなで応援しましょう。


戻り