・運転免許を取る(2006/3/1)

チャトチャクのバンコク陸運局でタイ人と同様に外人もバイク、自動車の免許書が取れる。そして日本より安いし数段簡単。以下は申し込みから合格までの手順。

  1. 申し込み用紙の提出
     1インチ写真2枚、在留証明書(大使館で取る)、健康診断書
  2. 適性検査(色盲検査、反射神経等)
  3. 交通法規試験
  4. 実技試験
  5. すべて合格すればその合格用紙を持って最初の申し込み場所に行けば免許を発行

・交通法規試験は日本語で出来る。タッチパネルの付いたコンピュータを使って行い、30問出題され正解75%以上で合格。時間内であれば何度もトライできる。タイの陸運局は免許試験をオップロム(訓練、教育)として位置付けていて、法規を知らなければ教えましょうと言う態度だ。だから合否の試験結果と共に間違った箇所の解説(これも日本語)が表示される。75%未満だった者はそこで勉強して再度挑戦できるのだ。

・実技試験はドライブ.センターで行われる。簡単な実技(バイクはS字運転、自動車は車庫入れなど)と試験場道路での法規を守った運転実技試験だ。この道路での実技試験で落ちる人が一番多いようだ。

タイの運転免許は申し込んだ日から90日の間に取得すれば良い。その間何度落ちてもお金はかからない。試験合格後、バイクは55B、自動車105B払えば1年の臨時免許が貰える。1年後これを本免許にすれば国際免許を取得可能。 日本で日本の免許に変えられるが試験がある。

P.S.

ここでは賄賂は通用しないから実力(?)だけで行くしかない。しかし試験官らとタイ語でコミュニケートが取れないと、きついかもしれない。試験官、係官は外国人に親切だが容赦はしてくれない。